<   2005年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧
82才の挑戦
c0009927_2402254.jpg
「へびの湯」・・・へびんゆ

秘湯探検
いろんな温泉に連れて行ったのでもう行くとこがなくなりました
「鍋山の湯」は以前行ったことがあり、とても母を連れて行けませんが、ここなら着物で下駄の82歳の母でもどうにか行けました

秘湯も温泉本に載るようでは秘湯と言えるかどうか・・・
[PR]
by umi-atorie | 2005-06-29 15:19 | 温泉 | Comments(1)
梅雨の虹
c0009927_862781.jpg
今年は空梅雨なので梅雨の合間というより夕立の虹のようでした
6・28 
[PR]
by umi-atorie | 2005-06-29 08:15 | 自然 | Comments(0)
アキ工作社
c0009927_22231989.jpgアキ工作社


c0009927_22234313.jpg
何年か前、大分空港のロビーで、ダンボールのトルソー50体以上にニットを着せての展示会を見ました ニットの服のすばらしさもさることながら、トルソーの斬新さにびっくりしました
服をめくって中をのぞいていたのでエッチな変な人とおもわれたかもしれません
その後由布院などいろんなところで見かけ、工房へ伺いたいとおもっていました
今年4月工房を武蔵町に移され、今月から月に一度2日間だけ一般公開して新作発表をすることになったそうです
早速行ってみました
アキ工作社はTVなどマスコミなどで紹介されたらしのですが、残念ながら私は見てなっかたのです
私自身は素材としてのダンボールに思い入れがあり、トルソー以外の製品にもとても興味がありました
こんな楽しい夢のある会社が大分県にできたことをうれしくおもいました

海の見える丘のアトリエ
[PR]
by umi-atorie | 2005-06-26 22:25 | 世間話 | Comments(3)
今度はチョウチョです!
c0009927_21455465.jpg


c0009927_2146204.jpg湯布院
「日の春旅館」の露天風呂にはいりました
トンボは自分から指に止まりましたが、このチョウチョは羽根が濡れて溺れかかったのを手ですくったところです
今度は写真に足も入れました
82歳の母のおみ足です
[PR]
by umi-atorie | 2005-06-26 21:53 | 温泉 | Comments(2)
キャー! こんなことってあるのね~!!
c0009927_18241031.jpg

母と「神和苑」 のお風呂に入りに行きました
トンボがいたので冗談に「指に止まるかな~」って言っていたらすぐに止まったんです。
すぐそばの岩の上に置いてあったカメラをそ~と取って必死に写しました
でも写真の撮り方を勉強しなきゃだめですね
後から見たら合成写真に見えるもんね
byrdlandさんの岡本屋の写真のように、足を出すべきだったんですね
あまりのことだったのでただただ写すのにいっしょうけんめいでした
とんぼって指にとまるんですね
生まれてはじめての経験です


c0009927_18244527.jpg
鉄輪「神和苑」です

c0009927_18334890.jpg
上の写真の一部拡大写真
偶然ですが手に止まったトンボ(?)が写っていました
[PR]
by umi-atorie | 2005-06-24 18:25 | 温泉 | Comments(3)
海のパイナップル
c0009927_043838.jpg
私にはたったひとつだけ食べれないものがあります
”ほや”です

昔、産地の気仙沼まで行って採れたての新鮮なのをトライしてみたけれど、やっぱりだめでした
あの臭いがだめなのです
[PR]
by umi-atorie | 2005-06-23 00:10 | 世間話 | Comments(0)
いまどきの結婚式
c0009927_0501635.jpgオープンカフェの向こうにあるチャペルから新郎新婦がカフェを通ってパーティ会場に移動するのに居合わせました
全く知らない人の人生の門出に通行人も拍手で送るのは、やっぱり”人類愛”なのかなんて考えてしまいました

私の姪も何年か前、代官山の某レストランで結婚式を挙げましたが、とっても素敵な結婚式でした。 コックさん達が厨房の中で一生懸命作った出来立ての熱々のお料理をテラスでくつろぎながら、とってもおいしくいただきました
お料理もさることながら、羽根ペンで結婚届にサインをするのが唯一の形式だったのが、とても新鮮でした

結婚式の形態が変わるように、
いまどきの葬式も考えておくべきだとおもっています

人生の店じまい「葬送気配り帳」(これからの葬送を考える会)を、見ながらそうおもっています
[PR]
by umi-atorie | 2005-06-22 23:43 | 世間話 | Comments(1)
mini-S
c0009927_23171375.jpg
ミニクーパーの新車
オースチンのボロボロのミニクーパーばかり見ていたので"オッッ”とおもいました
今miniはBMWなのですか? 知りませんでした
それにしても新車は久しぶりに見ましたね


c0009927_23174817.jpg
[PR]
by umi-atorie | 2005-06-22 23:18 | 世間話 | Comments(1)
政府専用機
c0009927_2228764.jpg
初めて見ました
(6/19 午後7時頃 羽田空港)

さっきのニュースで分かりましたが
小泉首相が韓国に行ったのですね
[PR]
by umi-atorie | 2005-06-20 22:28 | 世間話 | Comments(0)
小さな美術館
c0009927_822337.gif黒田記念室(黒田清輝)
公開日:木曜日・土曜日 午後1時~4時
休室日:年末年始・夏期(7月21日~8月31日)
入場料:無料

交通
JR.地下鉄 上野駅 徒歩10分 東京芸大近く


***当店より狭き門です***



c0009927_8231313.jpgc0009927_8233771.jpg

c0009927_82443.jpg
以前は木曜日だけの開館でしたが、
5年前の改修から土曜日も開館するようになったそうです
元は「黒田清輝記念館」だったとおもうのですが、今は文化財研究所の「黒田記念室」です
小さな小さな美術館です

今でも大好きな美術館です
久しぶりに行ってみました


c0009927_1848236.jpg


c0009927_1849138.jpg実はその隣にある元国会図書館(現国際子ども図書館)は
想い出の図書館なのです

ゴッホ展で、思いがけず思い出散歩をしてから思い出散歩ずいています
(死期が近いのでしょうか???)
時の流れの速さと切なさを感じています
実は、ここは私と旦那様の青春のレクイエムなのです
(レクイエムというより、青春の墓標です)

昔は未成年は入れない図書館でした(未成年でも大学生浪人生は入れました)
あの重厚な大正の建物の中で、木製の白熱灯のスタンドのやわらかな光の中、数えるほどの人しか利用者がない静かな静かな図書館で、勉強しながら時折窓の外の樹木を眺めながらすごしたものでした
なぜ、なぜ、なんで、国際子ども図書館なの??!!
あんなところに子供は来ません!! 絶対に来ません
黒田記念室さえ上野の美術館地図に載っていないのですよ
表から見ると入り口のガラスのエントランス以外は昔のままのようですが、
裏はカフェテラスがあり、耐震のためのかまぼこ型の補強がありました
それがどうして「子ども図書館なの」という思いはぬぐえません
[PR]
by umi-atorie | 2005-06-20 08:41 | 美術館 | Comments(2)